ENSONIQ SoundScape DB

搭載チップ ENSONIQ OTTOR2
音色数 128音色
同時発音数 32音色
ROM容量 2MB(REV A)
1MB(REV B)
サポート規格 GM、MT-32
備考  

コメント

ENSONIQ純正のドーターボードです。
ROM容量はロットにより1MBもしくは2MBで、ボード記載のリビジョンが「REV A」と記載があるボードが2MBで、「REV B」と記載があるボードが1MBです。
後期ロットであるREV Bはコストダウン目的でROM容量が減らされていますので、狙うなら初期ロットのREV Aです。
なお、手持ちのボードはREV Bですので、1MBです。

ENSONIQ OTTOR2搭載のドーターボードといえば、AZTECH Sound Galaxy Wave Powerもありますが、ENSONIQ SoundScape DBとは全く音色が違っています。
ENSONIQ SoundScape DBはむしろ、PCIサウンドカードのVibra128やENSONIQ Audio PCIの2MBフォントに近い音色です。
AZTECH Sound Galaxy Wave PowerはジャンパでエフェクトをON/OFF切り替えできる機能があったのに対し、ENSONIQ SoundScape DBはエフェクト自体ありません。
ボード自体の色も真緑で、ENSONIQのPCIサウンドカードと同じです。

inserted by FC2 system