MIDI音源 Wavetableドーターボード

  
このページは、サウンドカードに増設することが出来るMIDI音源
Wavetableドーターボードの対応表です。増設時の参考用として、
ご自身のカードに増設できるかがわかるようになっています。
 
メニューへもどる
 

  

ドーターボード
サウンドカード
結着対応表

(注意)
NX5Rは比較用
外部音源である

A
D
W
a
v
e
3
2
 
v
2
.
3

A
D
W
a
v
e
3
2
S
v
2
.
0

A
U
D
I
O

|

A
 
D
B

M
I
D
I

|

C
S
/
E
X

D
B
5
0
X
G

D
B
6
0
X
G

P
C
9
8
2
1
C
3

B
0
2

G
M
W

|

1
0
0
0

K
L
M

|

1
9
1
1
 

M
I
D
I
 
S
T
A
R
/
G
S

M
o
n
s
t
e
r
M
I
D
I

S
C
B
|
5
5

S

|

W
1
/
C

W
a
v
e
B
L
A
S
T
E
R

W
a
v
e
B
L
A
S
T
E
R
2

K
O
R
G
A
i

2
0

C
a
n
c
u
n
F
X

D
B
5
1
X
G


S
Y
T
T
W
T

8
0
8
8
7
5
4
9
0

KORG NS5R/NX5R

MonsterSound 3D

MonsterSound MX80

MonsterSound MX200

M.S.MX300 / SQ2200

Montego2

SANYO TB-3DS1

SANTA CRUZ

SonicImpctS90

SQ2500

VORTEX2 PCI

VORTEX2 SuperQuard

XwaveD60

XwaveThunder3D

YAMAHA-724

PSC704 LN20

Xwave D61

mediatek SY-P1 1.0

mediatek SY-P8 1.1

AZTECH PCI-338-A3D

PINE PT2603

WINIC W-1938 (TypeI)

WINIC W-1938 (TypeII)

Montego

 

 

ADWave32 v2.3


 とても小型なWavetableドーターボードです。MonsterSound3Dに標準で付属していますが、どちらかというとその適応力を利用して数々のカードに実装してみたいものです。取付不安はSANTA CRUZでカード上のコンデンサと部品接触、実装不能はXwaveThunder3Dでゲームポートとの接触が原因です。ただのGM音源ですが、32ポリの発音数と発声のまとまりの良さは下手な内部シンセサイズよりも満足できます。ダイアモンドロゴがチャーミングポイント!
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

このカードに標準装備されています。

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

 

XwaveThunder3D

カード上の部品(ゲームポート)と接触し取付できません。

YAMAHA-724

 

seismic edge PSC704 LN20

カード上の部品(ゲームポート)と接触し取付できません。

Xwave D61

 

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

AZTECH PCI-338-A3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

PINE PT2603

 

WINIC W-1938 ( Type I )

カード上の部品(コンデンサ)と接触し取付できません。

WINIC W-1938 ( Type II )

 

Montego

 

 

 

ADWave32S v2.0


 こちらはMonsterSound MX80に標準搭載のADwave32Sです。波形メモリが0.5MBと小さいために音色に弱さが感じられます。安物内部シンセといい勝負をしますが、ハードウェア音源ということで安定度は期待通りです。実装不能カードにSANTA CRUZ、これは少々意外な結果。小さいので、格安で極小のISAカードにあったようなWavetableコネクタにも実装できます。目立たないけど存在感は人一倍強い世界最小のドーターボード?。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

このカードに標準装備されています。

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し取付できません。

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

 

XwaveThunder3D

 

YAMAHA-724

 

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

 

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

AZTECH PCI-338-A3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

PINE PT2603

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

WINIC W-1938 ( Type I )

カード上の部品(コンデンサ)と接触し取付できません。

WINIC W-1938 ( Type II )

 

Montego

 


 

日出ハイテック AUDIO-ACE


 日出ハイテックが発売していたドーターボードです。YMF278が乗っていまして、ドーターボードとしての音には迫力を欠く感があり、FMシンセサイズと大差ない雰囲気を漂わせます。純国産のドーターボードで、低価格で出回ったこともあります。作曲用には向いていませんが、MIDI観賞用としては使えます。小ぶりですし、背の高い部品が少ないので、広く使用できるでしょう。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SonicImpctS90

 

SQ2500

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 PCI

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

 

XwaveThunder3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

YAMAHA-724

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 


 

I/O DATA (AOpen) MIDI-CS/EX


 I/O DATAの発売するドーターカードで、スペーサー1個で固定するタイプとなっています。AOpenからI/O DATAへのOEMが行われていたようですね。縦方向は汎用サイズですので、小さなサウンドカードには取り付けられません。スペーサー無しではとても不安になりますので、しっかりスペーサーを取り付けましょう。コンデンサの多いカードとの干渉問題が多いようです。PC9821キャンビーシリーズを正式サポートしています。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANYO TB-3DS1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SonicImpctS90

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

カード上の部品(ゲームポート)と接触し固定できません。

YAMAHA-724

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

seismic edge PSC704 LN20

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

DB50XG YAMAHA


 YAMAHAが単体でパッケージ発売してたドーターボードで、NS5Rとのセット販売も小売店で実施されるなどかなりの人気がありました。特に、XGを正式サポートし676音色であるということが魅力の原因であったようです。外部音源さながらの発声バランスを持ち、クオリティーの高い音色、バラエティーに富んだエフェクト、聞くだけのMIDIにとどまらない可能性を秘めた汎用サイズのドーターボードです。GSとMT-32互換は非公式サポートのようです。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX80

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX200

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX300
SQ2200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

DB60XG YAMAHA


 スーパー歌楽forPC98というパッケージでマイクとセットの内容で販売されていましたので、PC98ユーザー以外の方にはあまり知られていないドーターボードです。エフェクトバリエーションが44種あり、DB50XGの42種よりも2種多くなっていること、コネクタが2mm程度高いということがDB50XGとの違いです。汎用サイズでコネクタの裏側に部品が実装されていますから、汎用サイズを受ける面積があるカードなら大抵は結着させることができます。GSとMT-32互換は非公式サポートのようです。コネクタ部分がPC9821仕様ですので、WaveBLASTERコネクタのそばに部品があるとツメが干渉する場合があります。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX80

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX300
SQ2200

カード上の部品(TADin)と接触し固定できません。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D(Labway)

 

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

NEC PC9821C3-B02


 昔国内で主流だったNEC/PC9821シリーズ一部機種用のオプションボードで、単体発売もされました。DB60XGととてもそっくりですが、公式仕様書によればエフェクトバリエーションが42種で、DB60XGの44種よりも2種少なく正式にGSに対応しMT-32互換機能も持ちます。色々なカードに搭載でき迫力満点のドーターカード、DTMにはうってつけです。PC9821シリーズ愛用者にはプレミアムアイテムとなっています。コネクタ部分がPC9821仕様ですので、WaveBLASTERコネクタのそばに部品があるとツメが干渉する場合があります。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX80

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX300
SQ2200

カード上の部品(TADin)と接触し固定できません。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D(Labway)

 

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

GALLANT GMW-1000


 どちらかというとかなりマイナーで、GALLANTが発売していたようです。DreamのSAM9203を使用した汎用サイズのドーターボードで32ポリ、そこそこの性能ですが限界ポリ音に達するデータの再生になると発声遅延が出るという奇妙な一面も覗かせています。本家のWaveBLASTERの方が性能は上ですが、SB16/WaveBLASTERコネクタに完全コンパチブルをうたっているという強気なボードです。
 

KORG NS5R

正常に認識されません。

MonsterSound 3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX80

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

 

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

KORG KLM-1911 


 KORG純正のドーターボードで、同社のAudioGalleryシリーズとして発売されました。一部I/O DATAでもOEMと思われるボードが別のパッケージで発売されていたようです。純粋なGM音源ですが、エフェクトも自然ですし、KORG独特の良さがでています。MT-32互換に対応しないので、古いRoland系データを再生するには向きませんが、DTM用としてはとても良いボードであると言えます。バランスも良く、まとまった自然さが心地よいですね。斜めに実装されたチップがかっこいい?
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX80

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

 

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

MIDI STAR/GS


 Qvisionが発売するGS互換ボード、PC98シリーズのユーザーであれば一度は憧れたかもしれない MIDI STAR/GSです。同社のWAVEStarやその互換商品のオプションとして発売されました。価格がとても高かったのですが、公式にGSをサポートしていたので、人気を博したようです。他のCS9233ボードよりも少し音が良いような印象を受けます。縦方向は汎用サイズとなっていますので、確実な固定には1つのスペーサーが必要です。コネクタ部分がPC9821仕様ですので、WaveBLASTERコネクタのそばに部品があるとツメが干渉する場合があります。
    

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

カード上の部品(TADin)と接触し固定できません。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D(Labway)

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

MonsterMIDI


 MonsterSound MX200に標準搭載のドーターボードで、GSを公式サポートします。同時発音数が23音色で64音ですから、16パートであればその恩恵を十分に受けられたでしょう。GSサポートとは言ってもRoland音源さながらに鳴るかと言えば期待はずれの感強く、あまり高品位とは言いきれない部分が多いのです。しかし、ボードがとても小さく可愛らしいので人気は絶えませんでした。小さなサウンドカードでも大抵適応できる大きさですが、コネクタ側に部品が実装されるているので使用できないカードがとても多いようです。Rev.CとRev.Bが確認されています。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

このカードに標準装備されています。

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SonicImpctS90

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SQ2500

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 PCI

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

VORTEX2 SuperQuard

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

XwaveD60

カード上の部品(SB-Link)と接触し固定できません。

XwaveThunder3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

YAMAHA-724

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

seismic edge PSC704 LN20

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

Xwave D61

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

AZTECH PCI-338-A3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

PINE PT2603

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

WINIC W-1938 ( Type I )

カード上の部品(CDIN)と接触し固定できません。

WINIC W-1938 ( Type II )

カード上の部品(CDIN)と接触し固定できません。

Montego

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

 

 

Roland SCB-55


 RolandのDTMパッケージ『 ミュージ郎BOARD II 』に同封されるSCC-2というボードの音源部分です。WaveBLASTERコネクタをもつMPU401インタフェースボードに、このSCB-55がセットになってSCC-2と呼びました。国内では単体販売はなく、並行輸入品の購入もしくは、SCC-2から取り外すという方法でしか入手できませんでした。純正RolandのGS音源は響きが違いますね。個人的にはSC-55やSC-88という外部音源よりも音色がシャープに感じます。これを実装したサウンドカードは一瞬で純正GS音源に!。 『  ミュージ郎300 』 に同封のPC9800シリーズCバス用音源、GPPC-NAに最も近い音色です。同時発音数が28音というのが寂いいところ。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX80

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX200

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX300
SQ2200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

カード上の部品と接触し固定できません。

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

カード上の部品と接触し固定できません。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

Aptiva S-W1/C


 IBMのAptivaシリーズのマシンに搭載されていたISAサウンドカード『S-16WP1/L』のオプションボードです。これが実装済みのカードも搭載されていたようです。純粋なGM音源ですがMT-32互換マップを持っているので、古いデータを再生する場合などに適しているかもしれません。入手方法はS-16WP1/Lから取り外すということだけ、ですので入手困難だったかもしれません。エフェクトもない音源ですが、独特の哀愁漂うメロディーを奏でてくれます。裏から見るとQvisionのMIDI STAR/GSとうりふたつといった感じがします。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANYO TB-3DS1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SonicImpctS90

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SQ2500

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

カード上の部品(ゲームポート)と接触し固定できません。

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

カード上の部品(ゲームポート)と接触し固定できません。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。


 

CREATIVE WaveBLASTER


 初代のWaveBLASTERで、WaveBLASTER拡張コネクタを使用する本家本元のドーターボードで、その存在はもはや常識と申し上げても良いでしょう。これを知らない、使ったことがないという方は、ドーターボードを語る資格はありません。でも、適応できるサウンドカードはないんです・・・、WaveBLASTER互換コネクタという名ばかりのコネクタが殆どで、元祖WaveBLASTERを搭載できるサウンドカードはMX300/SQ2200この2枚がかろうじてという状態・・・、他のカードではスペーサーが付けられない、ぐらぐらする、すでに乗らないというありさまで、一体どういうことなのか謎、謎、謎のWaveBLASTERでした。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX80

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX200

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX300
SQ2200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Montego2

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANYO TB-3DS1

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SonicImpctS90

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SQ2500

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

取り付けるカードの面積が足りません。


 

CREATIVE WaveBLASTER2


 実装部品を減らし、GSに対応して帰ってきた新しいWaveBLASTER、それがWaveBLASTER2 CT1910 です。EMU製のWaveBLASTERと違って、CTの型番をもつCREATIVE純正のドーターボードです。GSモードエフェクトを持ち、さらにMT-32互換機能も備えているので、ちよっとした再生専用のGS音源として導入すると結構使えたものです。SoundBlaster16シリーズに標準搭載された形でデビューしたものや、単体のパッケージで発売されたものもあります。日本国内向けのJapaneseパッケージもありました。WaveBLASTERシリーズは汎用サイズですが、コネクタ側に部品を実装しているので取付不安が発生することが多いようです。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX80

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX200

カード上の部品(外部端子)と接触し固定できません。

MonsterSound MX300
SQ2200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANTA CRUZ

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SonicImpctS90

 

SQ2500

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

VORTEX2 PCI

 

VORTEX2 SuperQuard

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

 

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

KORG Ai20


 KORGチップボードです。縦方向は汎用サイズで、横方向は汎用サイズの70%程度ですが、実装部品が多くズッシリとした重みがあります。使用する際にはしっかりとスペーサーで固定したいものです。基本的にはAudioGalleryのボードと大差ありません。音色も全く同じで、挙動も全く同じです。コネクタ側に部品が実装されていますので、取付不安が多発します。
   

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANYO TB-3DS1

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SonicImpctS90

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SQ2500

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

mediatek SY-P8 1.1

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

AZTECH PCI-338-A3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

 

 

TurtleBeach CancunFX SD007


 同社製のMontegoII上位パッケージ、HomeStudioに同封されたドーターボードです。GSに対応した高機能なドーターボードです。背の高い部品がほとんどなく、小ぶりなサイズとなっていますので、いろいろなカードと適応します。非常に人気が高く、このボードのためだけにHomeStudioを購入された方々もいたようです。SCB-55に準ずるようなRoland純正に近い音色は持ち合わせていませんので、GSとはいえRoland互換とは言えません。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

このカードに標準装備されています。

SANYO TB-3DS1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し取付できません。

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し取付できません。

VORTEX2 SuperQuard

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

YAMAHA-724

カード上の部品(コンデンサ)と接触し取付できません。

seismic edge PSC704 LN20

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

mediatek SY-P8 1.1

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

AZTECH PCI-338-A3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し取付できません。

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

YAMAHA DB51XG


 YAMAHAのドーターボードですが国内単体発売はなく、KORG製のマルチ音源「NX5R」に搭載されたものです。性能はDB60XGなどと同じです。この小さな基盤で、裏面にコネクタがあるので、適応範囲はかなり広く多数のカードで使用できます。この適応力は何にも変えがたいものがあります。当然音色数は600以上、GSも非公式対応となっていますのでとても重宝するでしょう。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX80

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX300
SQ2200

カード上の部品(TADin)と接触し固定できません。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D(Labway)

 

YAMAHA-724

 

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 

 

 

TERRATEC MiniWaveSystem


 国内ではあまり見られなかったドーターボードで、一部のショップで2001年に販売されたのが確認されているだけです。CS9233を搭載し、MT-32互換マップを持っていますので、古いRoland音源用に作られた曲も再生できます。エフェクトがないので迫力に欠けますが、音色はまとまっています。珍しいことに基盤が茶色です。コネクタ側に部品が実装されているので、対応できないカードがほとんどであることが残念です。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

 

MonsterSound MX80

 

MonsterSound MX200

 

MonsterSound MX300
SQ2200

 

Montego2

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANYO TB-3DS1

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SANTA CRUZ

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SonicImpctS90

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

SQ2500

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

XwaveD60

カード上の部品(SB-Link)と接触し固定できません。

XwaveThunder3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

YAMAHA-724

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

seismic edge PSC704 LN20

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

Xwave D61

カード上の部品(SB-Link)と接触し固定できません。

mediatek SY-P1 1.0

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

mediatek SY-P8 1.1

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

AZTECH PCI-338-A3D

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

PINE PT2603

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

WINIC W-1938 ( Type I )

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

WINIC W-1938 ( Type II )

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

Montego

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

 

 

808-875490-001-A


 808ボードと呼ばれるこのボードは、PC9821-Ct16またはPC-9821Cx3/S7M Cx13/S7MというNECパソコンに標準で搭載されたドーターボードで、単体発売はされないものです。DB60XGやNEC PC9821C3-B02とは同等ですが、基盤のアルファベット文字がCであり、水晶発振子が銀色のものになっています。大きな違いはなく、性能もDB60XGと同じですので、同じく可能性を秘めたカードといえます。
 

KORG NS5R

 

MonsterSound 3D

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX80

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX200

取付可能、但しカード上の部品と接触します。

MonsterSound MX300
SQ2200

カード上の部品(TADin)と接触し固定できません。

Montego2

 

SANYO TB-3DS1

 

SANTA CRUZ

 

SonicImpctS90

 

SQ2500

 

VORTEX2 PCI

カード上の部品(コンデンサ)と接触し固定できません。

VORTEX2 SuperQuard

 

XwaveD60

取り付けるカードの面積が足りません。

XwaveThunder3D(Labway)

 

YAMAHA-724

取り付けるカードの面積が足りません。

seismic edge PSC704 LN20

 

Xwave D61

取り付けるカードの面積が足りません。

mediatek SY-P1 1.0

 

mediatek SY-P8 1.1

 

AZTECH PCI-338-A3D

 

PINE PT2603

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type I )

取り付けるカードの面積が足りません。

WINIC W-1938 ( Type II )

取り付けるカードの面積が足りません。

Montego

 
inserted by FC2 system