Pine Vivaldi Wavetable Daughter Board (PT-202A)

搭載チップ SEC KS0164
音色数 128音色
同時発音数 32音色
ROM容量 1MB
サポート規格 GM
備考  

コメント

Pine製のドーターボード、Pine Vivaldi Wavetable Daughter Board(Pine PT-202A)です。
正式名称はPine Vivaldi Wavetable Daughter Boardなのですが、ネット上ではどちらかと言えばPine PT-202(正しい型番は「PT-202A」)の方で通ってるみたいです。
96年2月製造です。

SEC(Samsung) KS0164搭載で、以前紹介したACER S551-SAと全く同じチップが使われています。
公式スペックは、GM/音色数128音色/同時発音数32音色/ROM 1MBとのことです。
なので、音色自体はACER S551-SAと全く一緒です。
ただ、ACER S551-SAは音量を上げると音割れしていたのに対し、Pine Vivaldi Wavetable Daughter Boardは音量上げても全く音割れなしなので、こっちのほうがずっといい感じです。

inserted by FC2 system